早期回復への道

施術を受けた方へ

いくつかの事を心がけて上手に回復していきましょう

施術後「筋肉は緩み」自然な状態になっています。 そこへまた強い刺激など与えてしまうと「筋肉」がまた緊張し施術の効果も逆効果になります。 「筋肉」が自然な状態を維持できるようにいくつか注意が必要です。

無理に痛みを探すのは止めましょう

施術後は、痛みのあった箇所に触れないでください。 症状によっては痛みが元に戻る事があります。 例えば剥離している場合、施術で元に戻った筋肉を 動かし過ぎてまた剥離させてしまう事になります。 筋肉が落ち着くまで安静にしてください。

recovery-contents01-img01.png

「叩く」・「揉む」・「強く押す」事はしない

強く叩いたり押したり揉んだりすると、 内部の筋肉や細胞が傷つき 緊張して硬くなり、ますます悪化します。 それがいわゆる「揉み返し」です。 自分では気持ちよくても、脳にとっては強い刺激であり、 内部の細胞や組織は攻撃されていると考えます。 強い刺激を受けると身体を守る為に 筋肉を硬くして身を守る為防衛するのです。

recovery-contents01-img02.png

身体を痛めるのも回復改善させるのもあなた自身です

身体はあなたの何気ない生活習慣の中で想像以上に簡単に ゆがみ・ねじれます。放って置いた結果が痛みとして現れます。 極度の精神的ストレスも同様で、 身体が改善されるという事はあなた自身の強い意志が重要です。 あなたの自然治癒力を高めるために、食事での栄養摂取・睡眠は 8時間・適度な運動をとる事が大切です。

recovery-contents01-img03.png

睡眠を取りましょう

人間は寝ている間に身体を回復改善へと向かう作業をします。 その為自由に寝返りが打てるスペースと適度な硬さが必要です。 低反発マットや枕など柔らかい寝具ですと身体が沈み込み 回復するのに大切な寝返りが充分に打てなくなります。 また腰が沈み過ぎて腰に負担がかかり過ぎ寝ていながら 腰痛・椎間板ヘルニアになるケースが多く聞かれます。 横になっているからといって身体にかかる負担が「ゼロ」に なった訳ではありません。首・肩も同様に枕の硬さ・高さを かえてみることが必要です。 体に合わない枕を長年、使用し続けていると寝違い・頚椎ヘルニアなどの原因につながります。 すでに椎間板が悪い方は特に注意が必要です

recovery-contents01-img04.png

入浴効果を高めましょう

湯船にゆったりとつかりましょう。 筋肉が緩み血流が良くなり老廃物を流してくれます。 湯上りには水シャワーで手足の末端から 汗腺を引き締めることで、体内に 熱がこもって回復力が高まります。 また湯冷め冷え性もなくなります。 冷たい水でタオルを絞り手足を拭く事も良いです。 お風呂の温度は41度以下が芯から温まり 血圧も下がり保温力もあるそうです。

recovery-contents01-img05.png

たくさん笑いましょう

早期回復に欠かせないのことはやはり 声に出してたくさん笑うことです。 いくら充分栄養を摂取し運動をしていてもその栄養を いかに身体の隅々まで行き渡らせ治癒力増進のために 栄養を活用できるか。が大きなポイントになります。 笑うと体温が上昇し血行がよくなり 循環器が活動し免疫力・治癒力など上昇します。 風邪をはじめ身体の治療・心の治療にも効果的です。

recovery-contents01-img06.png

お知らせ・院長ブログ

2月の休院日UPしました!

1月の休院日UPしました!

12月の休院日UPしました!

11月の休院日UPしました!

診療日カレンダー

〒060-0061 札幌市中央区南1条西16丁目1-13 みつわビル4階(エレベーター完備) 【地下鉄東西線・西18丁目駅】5番出口より徒歩30秒/6番出口(エレベーター完備)からは徒歩2分

まずはお気軽にご相談・お問合せ下さい

<完全予約制> 営業時間/11:00~20:00(最終予約19:00まで)